メニュー

ジュラシックワールド(映画評)

[2015.08.23]

言わずと知れた、有名シリーズの最新作。
恐竜がでてきて、あばれまくる映画です。

 

ストーリーについて語るのは無意味。
ショートケーキに苺が入っているのか、
議論するようなものです。

 

映画は3Dで見ましたが、
恐竜が出てくるたびに、
全身の穴がキュッとなって、
座席から浮いてしまうほどの迫力です。

 

さて、ありがちな男女が、
登場します。

 

鼻の下にチョビひげがある、
女心がまったくわかっていない、
でも筋肉ワイルドなおっさんと、

 

高飛車で仕事できる感じの、
なのに妙にスタイルのいい、
キャリアウーマン風の女性です。

 

そして、恐竜から逃げまくっているうちに、
文句ばっかり言っていた女性が、
だんだんおっさんに惹かれていく・・・

 

う~んこれはやはりですね、
鼻の下にヒゲをはやすべきかと、
つくづく思った次第です。

ブログカテゴリー

渋谷院ブログ
分類なし

ブログカレンダー

2020年10月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

HOME

ブログカテゴリー

渋谷院ブログ
分類なし

ブログカレンダー

2020年10月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME