メニュー

外陰部のかゆみ

外陰部のかゆみ

外陰部のかゆみ

かゆみは本当に不快です。
カンジダは治療すれば早く治ります。
診察料金はおよそ3000円。
当院では内診しないで検査・治療をすることもできます。

外陰部のかゆみの原因

外陰部のかゆみの原因

かゆみは、カンジダ・雑菌・トリコモナスといった病原菌による感染や、
かぶれなどのアレルギーが原因になります。
かゆみはだれにでも、ときおりおこる症状です。
軽いものであれば、自然に治ることも多いでしょう。
深刻な病気であることも、ほとんどありません。

カンジダや雑菌の感染は性病なのでしょうか?

カンジダや雑菌はなにもないときでも皮膚の表面にいる
ありきたりの微生物です。
性行為がきっかけにはなって起きることもありますが、
いわゆる性病とはまた違います。
このような、ありふれた菌で起きる感染は
風邪のようなものです。
体調が悪くなったり、腟内の環境が変化したり、
むれやすい服装や季節で起きたりします。
一生、風邪をひかないようにすることが無理なように
カンジダなどの感染もときどき起きることはそんなに異常ではありません。

感染しやすい状態とは

感染をおこす病原菌のほとんどは、
もともと腟や腸、皮膚にいるものです。
人間は免疫力によって、病原菌が増えないようにしています。
また、腟内に乳酸菌をわざと増やすことで、
腟の中に他の病原菌が入ってこないようにしています。
このような防御するしくみが弱くなると感染しやすくなります。

  • 感染しやすい状態
    免疫力が落ちた状態
    風邪をひいたり寝不足など<
  • 腟の中の乳酸菌が少なくなる状態
    抗生物質の内服(乳酸菌もなくなります)
    生理前(女性ホルモンにより腟内環境が変化するため)
    腟内を過度に洗いすぎたとき
  • 高温多湿
    締め付けるような下着や服の着用
    ナプキンの長期使用など
  • 性交渉
    刺激により炎症がおきたり、
    手指の雑菌が感染したりします。

かゆみが軽い段階では、
外陰部の通気性を保ち、睡眠をよく取るだけでも、
すいぶん症状はよくなります。
お風呂では洗いすぎると良くないので、
表面を流すだけにしましょう。
性交渉はダメというわけではありませんが、
症状悪化の原因になることが多く控えた方がいいでしょう。

病院にいく目安・目的

かゆみは軽ければ自然に治ることも多いもの。
生理前であれば、生理になるまでまてば、治ったりします。
では、どういうときに病院に行くべきかというと・・・

かゆみがガマンできないとき、早く治したいとき

症状が強いとか早く治療したい場合は
当然病院に行った方がいいです。
症状が強いときはカンジダの場合が多く
専用の薬を使用すればすみやかに治ります。

性感染症が心配なとき

性病かなと思ったら受診をすすめます。
性病がかゆみの原因であることはあまりありません。
でも性病というのは本来、定期的に調べたほうがいいのです。
性病のクラミジアは症状がないことが多く、
たまたま見つかることも多いのです。

おりものがいつもとちがうとき

おりものが臭うとか、ポロポロしているときは
なにかの感染の可能性が強くなります。
感染であっても、自然に治ることは多いのですが、
抗生物質やカンジダ用の薬を使えば、
数日ですっきりよくなることが多いので、
早めに治療したいときは病院へ。

診察内容と料金

診察内容と料金

診察では、カンジダなどの感染がないかをしっかり調べます。
診断に応じて、薬を処方します。
希望があれば、性感染症の検査をします。

検査の内容

基本はおりものの検査です。
内診でおりものを採取します。
内診がイヤな人には、自分でとってもらうことも可能です。
採取したおりものをその場で顕微鏡を使って観察します。
これだけでカンジダなどの感染がわかることも多いです。
さらに培養検査を行います。
培養とは微生物が育ちやすい環境におりものをうつして、
細菌の種類まで特定する検査です。
結果は1週間ぐらいかかりますが、
これにより、菌の種類や量を確かめることができます。
治療が効きにくい人は培養の検査結果で、
薬がききにくいタイプの菌がみつかったりします。
性感染症の検査もおりものを取る検査です。
結果は1週間ほどかかります。
この検査も、自分で取ってもらうことが可能です。
痛い検査はなく、1分以内で終わることがほとんど。

治療の内容

なんらかの感染であれば、
腟内に抗生剤を挿入します。
内診がイヤな人は自分で入れることもできます。
かゆみの症状が強い時やアレルギー性のものであれば、
ステロイドの塗り薬などを使います。

料金

診察当日に診断がつけば、
その後の来院はあまり必要ありません。
検査結果も電話でのお伝えができます。
診察内容と料金|保険で3割負担の場合

かゆみの場合の一般的な検査と治療 料金およそ3000円
 顕微鏡・培養検査
 腟の洗浄と薬の挿入
 薬の処方

上記に性感染症の検査を追加 料金およそ4000円
 顕微鏡・培養検査
 クラミジア・淋病検査
 腟の洗浄と薬の挿入
 薬の処方

性感染症の検査だけ希望 料金およそ2500円
 クラミジア・淋病検査

市販薬による治療

かゆみの原因は、カンジダ、雑菌、アレルギーによるものがほとんどです。
現在、薬局でカンジダの薬もステロイド入りのクリームも購入できるので、
外陰部のかゆみについては、病院にいかずともかなり治せるようになっています。

薬局で買うときのメリット

病院に行かなくてもいいのでラク
ちなみに病院で使うカンジダ用の薬も、
市販薬も中身はほぼ同じです。

薬局で買うときのデメリット

金額は高い
カンジダの薬を薬局で買うと4000円を超えます。
病院だと保険が使えるので診断も含めおよそ3000円くらいです。

薬局では雑菌に効く薬は買えません。

診断を間違えると治らないし、結局病院にいかないといけないかも
カンジダを自己診断する場合、
間違える可能性があります。
カンジダだとわかる人にはわかるようですが、
一般的には半分くらいしか当たらないという話もあります。

カンジダ自己診断のポイント

生理前
ホルモンの影響で生理前にはカンジダになりやすいのです。

抗生剤の内服後
腟の中の乳酸菌が死んでしまって、カンジダが増えやすくなります。

おりものがポロポロしている
紙をちぎってぬらしたような感じ。
和紙のように毛羽立ったように見える場合は、
かなりカンジダっぽいでしょう。

おりものが臭うときは逆にカンジダじゃないケースが多い
雑菌が原因であることが多いです。

市販薬を使うときの注意点

まずカンジダなのかそうでないかの予想が必要です。
悩ましいときは、病院にいくほうが無難です。
いったんカンジダ用の薬を使うと、
病院では正確な診断ができなくなるからです。

カンジダの市販薬を使用する場合に・・・

ちなみに初めてカンジダになる人や、
あまりに何度も再発する人は、
市販薬は使えないことになっています。
商品のサイトなどで確認してみてください。
1日使ってみて、かゆみがとれないので、
あわてて病院に来る人がいます。
カンジダがいなくなっても症状がおさまるまで、
数日かかりますから、待ってみましょう。
1日でもカンジダ用の薬を使うと、
カンジダはいなくなっちゃうので、
病院でも正確な診断はできなくなるのです。

カンジダがかゆみの原因ではないと思ったら・・・

ひとまず市販のステロイドクリームで、
様子をみてもいいかもしれません。
ステロイドを使うときの注意点は、
2週間ほどの短期間でおさえるということと、
逆にかゆみがひどくなるときは、中止すること。
短期に使用するのであれば、
それほど副作用を心配する必要はありません。
1週間ほどでよくならなければ、病院にいきましょう。

原因となる病原菌

カンジダ

カビの一種です。
細菌とは、少し違う微生物です。
皮膚の表面や、腟の中にも普通にいます。
普通の状態でも10人にひとりくらいは腟の中にみつかります。
症状がなければ、いたとしても心配ないのですが、
体調が悪くなったりして増えるとかゆみの原因になります。

症状
とにかくかゆくなります。
おりものはポロポロした特徴的な状態になります。

治療
普通の抗生剤では効果はありません。
専用の抗真菌薬を腟内にいれます。
2~3日で症状は落ち着いてきます。

雑菌

人の腟や腸内、皮膚には多くの雑菌がいます。
ブドウ球菌や大腸菌などの菌は有名な菌ですが、
その他にもたくさんの種類の菌がいます。
通常、無害で何も影響はないのですが、
体調が悪くなると大量に増えて症状が出ます。

症状
おりものが増えて臭いがします。
かゆくなることもありますが、
カンジダほどではないことが多いです。

治療
雑菌用の抗生剤を腟内にいれます。
2~3日でよくなってきます。

トリコモナス

原虫とよばれる、単細胞生物です。
細菌よりは大きい生物ですが、
もちろん顕微鏡でないと見えません。
接触で感染するので、性行為はもちろん
トイレやお風呂で感染する可能性もあります。

症状
かなりかゆくなります。
おりものは泡状、黄色になります。

治療
メトロニダゾールという抗生剤を使用します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME