メニュー

人工妊娠中絶

人工妊娠中絶

中絶手術には、多くの不安が伴います。
法律のこと、手術後の影響、料金・・・
当院ではできるだけ不安がないように、
説明しながら進めていきます。

安心して受診できるために

妊娠がわかったら、
まずは早めに受診しましょう。
妊娠の状態を確認することは大切です。
予想外に妊娠が進んでいることもあります。
手術前の診察費用はかかりません。
手術を悩んでいる場合でも、
無料で診察していますので、
早めの受診をおすすめします。
手術に関する悩みにも、
その際にお答えします。

痛みのない安全で最新の手術

当院で行う人工妊娠中絶術は、
安全で痛みを感じることがありません。
安全な麻酔と最新の吸引法により、
完全に眠っている間に、
痛みをまったく感じる事なく、
数分で手術が終わります。

わかりやすい料金表示

中絶費用は一般的に、
想定外の料金がかかります。
表示された手術費用に加え、
初診料、超音波検査、採血費用
術前処置費用、術後診察費用、
土日割増料金、週数別割増料金、
そして、8パーセントの消費税。
当院では料金で不安にならないように、
明確な料金表示にしています。
すべての費用は税込で12万8千円。
カードなら分割でのお支払いも可能です。

 

帝王切開を受けたことがある人、
ぜんそくの人は、
手術ができませんのでご了承ください。

 

syuzyushibuya

syuzyuikebu

 

 

 

人工妊娠中絶_001-201811修正版

人工妊娠中絶_002-201811修正版

人工妊娠中絶_003-201811修正版

人工妊娠中絶_004-201811修正版

SP - 人工妊娠中絶 _201811修正版

手術を考えたときには

妊娠の確認の診察

妊娠検査薬で陽性になったら・・・
中絶するか出産するか迷っていても、
早めに病院に行きましょう。
妊娠の状態を確認することは大切です。
子宮外妊娠などの異常がないか確かめます。

意思決定

母体保護法という法律では、
ご自身とお相手のふたりともが、
中絶手術に同意する必要があります。
思いがけない妊娠では、
悩んでしまうことが当然です。
時間をかけて結論を出してもいいと思います。
いつまでに決断すべきかは、
診察でお伝えすることができます。

旅行、仕事などの予定の確認

手術当日はお仕事ができなくなります。
術後1週間目には診察の必要もあります。
手術後しばらくは旅行や出張は難しいので、
早めに予定を確認しましょう。

当院の麻酔と手術方法

麻酔

麻酔は全身麻酔の導入にも使用される、
鎮静作用を持つお薬と、
鎮痛剤を組み合わせて使用します。
眠っている間に手術は終わります。

手術方法

最新の吸引法で行います。
吸引法は細い吸引管を使って、
ポンプで吸引します。
痛みを感じにくく、
子宮への負担がありません。
従来のソウハ法に比べ、
吸引法はより安全な方法なのです。

料金

手術の相談 無料
超音波検査 無料
手術前の採血と予約 無料
手術費用 12万円8千円
術後の診察費用 無料
合計 12万8千円

手術費用は手術当日にお支払いになります。
カードなら分割も可能です。

手術までのながれ

最初の受診

まず妊娠の確認の診察をしましょう。
診察費用は無料です。
尿妊娠検査の状態により、
超音波検査はを行います。
子宮内に妊娠を確認できたら、
おおよその週数を推定します。
出産か手術か迷っている場合、
いつまでに決めるべきかお伝えします。
この時点で一度お帰りになって、
再度、考えてもらうことも十分可能です。

術前検査と手術日の予約

手術希望の方は手術の注意点を説明し、
術前の採血と日程の予約をします。
採血費用や予約料金はありません。
次は手術の日まで来院の必要はありません。

手術当日

書類の確認と手術料金の支払いをします。
お着替えなどの手術前の準備が終わったら、
手術室に移動します。
点滴をして麻酔を行います。
目が覚めたら手術は終わっています。
2時間ほどベッドで休んでもらいます。
落ち着いたら術後の問題がないか診察して帰宅になります。

よくある質問

手術で不妊になるかも・・・?

不妊になるということはありません。
昭和の時代は超音波もなく、
遺残や感染などの合併症が多かったようです。
現在は清潔な器具と超音波機器、
進歩した安全な手術方式により、
術後に不妊の原因となる合併症が、
激減しています。

未成年なのですが・・・?

手術にはどうしてもリスクは伴うので、
保護者の方のサインだけは必要です。

結婚していますが、相手は配偶者とは違います・・

戸籍上の配偶者の同意がないと、
中絶手術はできません。
法律の問題ですのでご理解ください。
ただし、結婚されているかどうかを
当院からお聞きすることはありません。

パートナーのサインがもらえません・・・

パートナーと連絡がとれなかったり、
相手が特定できないときは、
基本的に手術は可能です。
しかし、パートナーが中絶に反対していて、
サインがもらえない場合は手術はできません。

手術当日はつきそいなどは必要ですか?

ご本人以外は病院内に入れないのですが、
お迎えにこれる人は確保しましょう。
帰りは麻酔の影響でフラフラします。
駅のホームや信号などはお一人だと心配です。

手術が受けれない場合はありますか?

帝王切開を受けられたことがある方
喘息をお持ちの方
心臓疾患などの大きな病気がある方
その他リスクがあると思われる場合、
日本語がしゃべれない方は、
当院では手術ができません。
ご了承ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME