メニュー

月経(生理)の移動

月経(生理)の移動

月経の移動

月経(生理)の移動月経(生理)の移動

旅行と生理が重なりそうなら、
旅行の日程を変えればいいけど、
結婚式ではそうもいかない。
そういうときに、
生理を動かすことができれば便利です。

方法と料金

方法と料金

ピル外来で予約して下さい。
女性ホルモンのお薬を1日1錠飲みます。
詳しい飲み方の説明や、
注意点もお伝えします。
料金は3800円です。

遅らせる場合

生理が来そうな日の5日前から飲み始めます。
飲んでいる間は生理を止めることができます。

例えば前回の生理が4月10日からだとします。
次に生理が来るのが5月10日くらい。
旅行は5月10日から14日までだとすると・・・

5月5日から5月14日まで飲めばOKです!
生理は飲み終わって2日後あたりに来ます。後ろにずれました

 

とにかく早めに飲み始めます。

もし、生理がはじまってしまってたら?
もう生理を止めるのは無理です・・

早める場合

ずらしたい生理の、その前の生理中からお薬を飲みはじめます。

生理の5日目までに飲み始め
生理を起こしたい日の2日前まで飲みます。

例えば4月10日に生理が来て、今日は4月13日。
次に生理が来るのは5月10日くらい。
旅行は5月10日から14日までだとすると・・・
生理が4月末にくれば理想的。
4月13日から26日まで飲めば、
4月の28日ごろに生理が来ます!

早める場合

ずらすなら、前と後ろのどちらがいいでしょう…

ずらすなら、前と後ろのどちらがいいでしょう…

前にずらす方が旅行中にお薬をのまなくていいのでラクです。
ただし、早めにお薬をもらいに行かないといけません。
どちらでもあまり違いはありません。

副作用

副作用

生理をずらす女性ホルモンのお薬は人工的に生理前の状態を作り出しています。
人によっては少しむくんだり、胸がはったり少しだけムカムカする人もいます。

体に何か悪影響があるということはありません。
もともと生理前に出ているホルモンをしばらくの間おぎなうだけです。
女性ホルモンを短期間飲むのだけであれば、ほとんど問題ありません。

なぜ、お薬で生理が動かせるのか知りたい

なぜ、お薬で生理が動かせるのか知りたい

時間があって興味がある人は読んでみてください。

遅らせる場合の理屈

もともと生理とは、
受精卵を迎える組織である子宮内膜がはがれることです。
子宮内膜は女性ホルモンの作用で作られ
子宮につなぎとめられています。
一定の期間が過ぎて、
妊娠していないと女性ホルモンは下がり始めます。
そうすると、子宮内膜をつなぎとめる力がなくなるので
子宮内膜ははがれていきます。
だから、下がってきた女性ホルモンを足してあげれば、
子宮内膜は子宮につなぎとめられるのです。

ちなみに生理が始まってしまうと、
そこであわてて女性ホルモンをおぎなっても
間に合わないことが多いのです。
はがれようとする力とつなぎとめようとする力が
つりあってしまい
ちょっとずつ出血して生理がスッキリおわらないという、
あまりありがたくないことが起きます。

早める場合の理屈

これはちょっとややこしいです。
生理が起きる予定の日までは
女性の卵巣から女性ホルモンが分泌されていて
子宮内膜はつなぎとめられています。
卵巣が出しているホルモンを
力ずくで下げることはできません。

どうすればいいのでしょう?

女性ホルモンは卵子が育っていると分泌されます。
だから、卵子を育たないようにすればいいのです。

卵子が育つ前に女性ホルモンを
体に取り入れると脳は女性ホルモンを
作らなくてもいいと 勘違いしてしまい、
女性ホルモンを作る臓器である卵巣の活動を
停止させるのです。
そうすると卵子が育たないので、
卵巣からは女性ホルモンが出ません。

あとは飲んでいる女性ホルモンを好きな時期にやめることで 体の中の女性ホルモンを下げることができます。
それで生理を起こすことができるのですね。

避妊薬であるピルも同じやり方で
卵子の発育をとめて避妊を行っています。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME