メニュー

女性の健診

女性の健診

女性の健診

女性の検診項目のまとめ

女性にとってぜひ受けておきたい検査項目と、
余裕があれば受けたい検査をまとめています。
もちろんこれ以外の検査も時間とお金に余裕があれば、
人間ドックなどで受けることは健康のためにいいでしょう。
受けるべき検査のうちクラミジア以外はすべて自治体の助成があり、
無料か、それに近い料金で検査が受けられます。

女性の検診項目

年齢別、検診のおすすめ項目

20才まで
性交渉の経験がある場合は、クラミジアの検査が必要です。
10代のクラミジアは15人にひとりという報告もあります。

20才から25才まで
クラミジアの検査に加え、
子宮頸がん検査を始めましょう。
子宮頸がん検査は自治体の助成があります。
ついでにクラミジアの検査もしてしまうのがおすすめです。

25才から35才まで
子宮頸がん検査だけでかまいません。
パートナーが変わったときにはクラミジアの検査を受けましょう。
時間の余裕のあるときに、
妊娠に影響のある病気がないか調べておくとちょっと安心です。

35才から40才まで
生活習慣病やがんの発症率があがってきます。
40才までは助成がでないのですが、
乳がんや生活習慣病検査については、
35才くらいから健診をスタートしてもいいかもしれません。
甲状腺の検査は一度受けておくことをおすすめします。
35才から出産を考えている場合は、
妊娠に影響がある病気の有無はぜひ調べましょう。
子宮筋腫や糖尿病・高血圧などの病気が、
35才をすぎるとかなり増えてきます。

40才以上
子宮頸がんに加え、
乳がん・胃がん・大腸がん、肺がん検診を始めます。
生活習慣病検査も行い、
日常生活も健康に留意するようにしましょう。

料金

検診項目には健康保険組合や自治体から補助金がでるものがあります。
お金をかけずに検査を受けるには、
まず、会社の健診項目をチェックして、
オプションなどでがん検診などが受けれるか確認してみましょう。
働いていない人は自治体で行っているがん検診や特定健診を受けるようにしましょう。
項目ごとにあちこちの病院に行くために、
時間を使いたくない人や胃カメラなどの精度の高い検査を受けたい人は、
人間ドックも一案です。
当院では婦人科特有の検査と採血でわかる検査を行っています。
受けたいと思った項目だけ検査することが可能です。

料金

クラミジア―20人にひとりが感染

クラミジアはごく普通の女性がごく普通に感染しています。
性病は性生活が派手だったり、
風俗産業に従事する場合にのみ感染すると思っていませんか?
出産予定の妊婦さんの20人にひとりは、
クラミジアという性感染症にかかっています。
アメリカの疾病予防管理センターでは、
なにも症状がなくても、クラミジアを
定期的に検査することをすすめています。
以下に当てはまる場合はときどき検査を受けましょう。

 25才以下で定期的なセックスがある人
 未婚の人
 複数のパートナーがいる人
 一度性感染症になったことがある人
 2ヶ月以内にパートナーが変わった人
 インターネットでパートナーと知り合った人

クラミジアは命にかかわる病気ではありませんが、
放置すると卵管がつまって、不妊症になります。
一度、つまってしまうとなかなか治りませんから、
早めに見つけて、早めに治療することが大事です。

がん検診―30才で発症する子宮頚がん

症状がないまま進行して、命にかかわる病気といえば、 真っ先に思いつくのはがんです。
若い世代では、がんは関係ないように思うかもしれませんが、
子宮頸がんは20代での発症も多いがんなのです。
下の図は女性のがん発症率を、年齢別にグラフにしています。
(国立がん研究センターがん対策情報センター資料より上皮内がんを含みます)

がん検診

グラフを見てみると、ある特徴がわかります。
30才くらいまでは圧倒的に子宮頸がんが多いです。
しかし、35才くらいから乳がんが一気に増えてきます。
45才くらいからは胃腸のがんが急速に増加します。
全体として年齢に応じて、がんの発症率はふえていきます。
女性のがんは、子宮がん・乳がん・胃腸のがん・肺がんで6割から7割を占めます。
その次に甲状腺がんや卵巣がんなどがありますが、
検診の有効性がはっきりとは示されていません。
余裕があれば行う程度でいいでしょう。

子宮頸がん

子宮頸がんに一番なりやすい年齢は30代です。
子宮頸がんはパピローマウィルスという性行為で感染するウィルスが原因なのです。
このため、性行動が活発な若い年代で発症しやすいのです。
性交渉の経験から3年がたてば、
子宮頸がん検診を開始すべきと考えられています。

子宮頸がんの検査法
子宮の表面をこすって細胞を採取します。
痛みはほとんどありません。
(余裕があれば同時に子宮卵巣の超音波)
自己採取の子宮頸がんの検査は大変危険です。
きちんと細胞がとれていないことが多く、
がんが見逃される可能性がとても高いです。

乳がん

乳がんは女性ホルモンに影響を受けやすいがんです。
35才くらいから発症率が増えてきますが、
閉経して女性ホルモンが減少する50才ごろからは横ばいになります。
40代の働き盛りに一番なりやすいがんです。

乳がんの検査法(当院では行っていません)
乳房のレントゲン写真(マンモグラフィー)

胃がん・大腸がん

消化器のがんは年齢にしたがって増えるがんです。
45才くらいから、じわじわと発症率が上昇していきます。

胃がんの検査法(当院では行っていません)
バリウムのレントゲン写真
(余裕があれば人間ドックなどで胃カメラ)

大腸がんの検査法(当院では行っていません)
便の検査(便潜血)
(余裕があれば人間ドックなどで大腸内視鏡)

肺がん

肺がんは女性での頻度は
上記3つのがんほど高くないのですが、
50才をこえると少しづつ増えてきます。
現代ではタバコを吸う女性が増えているので、
もう少し発症がふえるのではないかと言われています。
肺がん検診の有効性はいまだ議論があるようなのですが、
タバコを吸っている人は受けるようにしましょう。
肺がん検診を受けることは大事ですが、
禁煙することもとても大切です。

肺がんの検査法(当院では行っていません)
胸のレントゲン写真
喀痰検査(喫煙者のみ)

生活習慣病

高血圧・糖尿病・高コレステロール血症は、
加齢や生活環境により増加する病気です。
基本的に症状がないことが多いのですが、
ほっておくと心筋梗塞や脳卒中がおきて、
命にかかわる場合もあります。
40才をこえたら、
生活習慣病を意識するようにしましょう。

生活習慣病の検査
血圧測定
採血など

甲状腺検査

甲状腺の病気は女性に多く、
35才を過ぎてからは数十人にひとりの割合とも言われています。
症状がはっきりしないことも多く、
なんとなくだるいとかやる気がでない程度だったりします。
また、妊娠に影響を及ぼすことが知られていて、
甲状腺機能低下があると流産しやすかったり、
妊娠しにくくなることもあります。
女性は一度は受けておくと安心です。

甲状腺の検査
採血

妊娠前の検査

妊娠前の検査

高血圧・糖尿病などの素因があると、
胎児や母体に影響することがあります。
子宮筋腫は妊娠中や出産時の痛みの原因になります。
こういった妊娠に影響のある病気を確認することは、
場合によっては早めに対策できることもありますし、
妊娠時期の決定にも大切な情報にもなります。

詳しくはブライダルチェックの項目を見てください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME