メニュー

ブライダルチェック

ブライダルチェック

子どもができたら

ブライダルチェックブライダルチェック

妊娠を意識し始めたら、
妊娠に影響のある病気がないか調べましょう。

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックは、2つの意味があります。
自身が健康であるかどうかという、単純な健診の意味。
もうひとつは妊娠に影響のある病気がないかを、 確認するという意味です。
妊娠は、女性の体に大きな負担をかける変化です。
産後の肥立ちが悪くて命を落としたという話も、
明治のころまでは、珍しくありませんでした。
普段はたいして問題のない疾患が、
妊娠中は母体や胎児に大きな影響をもたらしたりします。
妊娠について考え始めたら、時間があるときに、 一度調べてみてはどうでしょうか?

おすすめの検査と当院での料金

検査の中には自治体などから助成が出て、安く検査できるものもあります。

妊娠前に受けておきたい検査助成の有無当院の料金
クラミジアなし4000円
子宮頸がん5000円
子宮卵巣の超音波検査なし4000円
貧血なし1000円
糖尿病なし2000円
甲状腺機能の検査なし2000円
風疹抗体価2000円
   
ブライダルチェック
(上記のすべての検査)
 15000円
(5000円お得)
ブライダルチェックライト
(上記から子宮頸がん検査を除いたもの)
 13000円
(2000円お得)

 

オプション助成の有無当院の料金
ホルモン検査なし8000円
CA125なし2000円
AMHなし7000円
排卵の確認なし4000円

妊娠に影響のある病気

妊娠に影響のある病気

クラミジアと子宮頸がんの検査は、
もともと定期的に受けるべき検査です。
それ以外のものは、妊娠に影響する病気なので、
女性は一度でも受けておくと安心できる項目です。

クラミジア

性病です。
若い世代の20人にひとりが感染しています。
放置すると卵管まで感染が進んで、
不妊の原因になります。

子宮頸がん

30才の女性がもっとも発症しやすく、
千人にひとりの疾患です。
もし進行した状態でみつかれば、
子宮を残すことができず、
妊娠をあきらめなくてはいけないこともあります。
早期に発見することは命の問題以上に大切なのですね。

子宮筋腫

30才だと10人にひとり、筋腫が見つかります。
40才になると3人にひとりの確率です。
小さな筋腫であれば、症状もなく、
妊娠への影響もそれほどないでしょう。
しかし、5cmをこえると妊娠中の痛みの原因になったり、
早産や難産を引き起こすこともあります。

子宮内膜症

10人にひとりが子宮内膜症といわれています。
進行すると癒着がおきて不妊の原因になります。

卵巣腫瘍

卵巣に水分や粘液がたまるのう腫は、
がんであることはほとんどないですが、
大きくなると腹痛の原因になります。
妊娠してから見つかることもあり、
妊娠中にみつかると、なかなか治療しずらく、
大変だったりします。

貧血

女性は貧血になることが多いです。
妊娠すると胎児に鉄分をとられて、
さらに貧血になる可能性があります。
出産時の出血を乗り切るためにも、
貧血のない状態で妊娠に望みましょう。

糖尿病

糖尿病は若い女性ではめったにないものです。
ですが、もし糖尿病と知らずに妊娠すると、
胎児に奇形ができる確率が上がるのです。
そういう意味で、めったにないけど、
女性は一度、調べておきたい検査です。
また、妊娠中の高血糖により、
胎児が大きくなりすぎて難産になることもあります。

甲状腺機能異常

甲状腺の機能異常は女性に多く、
30才前後の若い女性にも多くみられます。
バセドウ病のような甲状腺機能亢進でも、
橋本病のような機能低下でも
生理の異常をきたすことがあります。
橋本病は以前から流産の原因になることが知られてます。

風疹抗体価

昭和54年〜昭和62年生まれの女性は、
風疹の予防接種が周知されていない世代です。
この世代の女性の間で風疹が流行しています。
妊娠初期に風疹になると
胎児に影響がでるかもしれません。
風疹にかかったことがあれば、
再感染の危険はないのですが、
もしかかったことがなければ、
ワクチンを打つことで、 その危険を回避できます。
風疹抗体価は風疹にかかったことがあるかどうかを、
前もって調べる検査です。

オプション検査

オプション検査

ホルモン検査

ホルモンの基礎値を調べます。
しかしながら、ホルモンの異常があれば症状として、
生理不順などの症状が出ることが多いかもしれません。
安心したい人は受けてみてください。

CA125

子宮内膜症があると増える物質です。
もともと卵巣がんの診断のために見つけられた検査ですが、 進行した子宮内膜症でも上昇します。
ただし、かなり進行していないと高くなりにくく、
症状のない場合はあまり意味はないかもしれません。

AMH

卵巣にどれだけ元気な卵子が残っているかを調べます。
卵巣は加齢とともに機能が落ちてきますが、
落ち方の個人差が大きいのです。
35才前後の人にとっては、
妊娠の時期を考えるのに参考になるでしょう。

肝・腎機能検査

肝臓や腎臓は妊娠により、
大きな負担がかかるため、
この臓器の異常は要注意です。
ですが、症状がない状態で、
異常結果がでることは、
一般的には少ないと思われます。
会社の健診などの採血を
今まで一度もしたことがない人は受けてみましょう。

排卵の確認

排卵しているかどうかは、
いろいろな方法で確かめることができます。
一番簡単なのは、生理の周期から推測することです。
25日から40日の周期で安定している場合は、
排卵している可能性が高いといえます。
次に簡単なのは、基礎体温です。
お金もかからないので、
自分の周期や排卵を知るためにも
ぜひ、つけてみてください。めんどくさいですが・・・
病院でしかできない排卵の確認方法は、
超音波と黄体ホルモン採血です。
卵子が育っているかを、超音波で確認し、
しばらくしてもう一度排卵の有無を確かめます。
採血により黄体ホルモンが上昇していれば、
かなりの確率で排卵していると言えるでしょう。
基礎体温をつけるのは、大変なので、
手っ取り早く、排卵しているかどうかを知りたい人は、
このような方法もあります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME