メニュー

生理以外の出血

生理以外の出血

hemorrhagePC01

hemorrhagePC02

生理以外の出血

病院に行く目安・目的

病院に行く目安・目的

まず、閉経して生理がなくなった人が、
出血してる場合は必ず病院に行きましょう。
本来出血はしない状態ですから、
なにかの病気を心配しないといけません。
生理がある世代の人が出血する場合は、
ほとんどの場合、
何かの病気というよりは、
ホルモンの変動が原因でおきる一時的なことがほとんどです。
まれにポリープや子宮筋腫が原因だったりします。
がんのような命にかかわる病気がみつかることは、
1000人にひとりくらいの確率です。
実は子宮頸がんや卵巣癌などは、
症状がでてからでは、
かなり進行していることが多いので、
もともと早期に見つけるためには、
定期的な検診が必要なことを知っておきましょう。
婦人科の定期検査を定期的に受けている人が、
一回だけ不正出血が起きても、
その後問題なければ、
20代のうちは様子をみてもいいでしょう。
35才前後であればそろそろ、
婦人科の病気である子宮筋腫やポリープが増えてきます。
したがって、それぐらいの世代の人は一度診察を受けた方が安心です。
定期的な婦人科検診を受けている人でも、
がん検診だけだと、
子宮筋腫などは見逃されている可能性があるので、
超音波での子宮の診察を受けることをおすすめします。
頻繁に出血がおきるときは、
どのような世代でも 病院に行くことをおすすめします。

診察の内容と料金

種類
初診料 850円
子宮頸がん検査 1050円
子宮体がん検査 1950円
(頸がん検査に追加だと1500円)
超音波 約1600円
貧血検査 約440円
ホルモン検査 約2400円

 

まずは、なにかの病気がないか確認します。
超音波で子宮・卵巣の状態をみていきます。
性交渉の経験がなければ、
お腹からみせてもらいます。
もし、1年以内に子宮頸がん検査をしていなければ、
子宮頸がん検査を行います。
ほとんどの人は、
このふたつの検査で終わることが多いでしょう。
もし、出血の程度が強かったり、
心配が大きいときは、
ホルモンの状態や貧血の有無などを調べます。
40代以降であれば、
子宮体がんの検査もした方がよさそうです。

考えられる原因

考えられる原因

よくある原因

ほとんどはホルモンが一時的に下がることが原因です。
女性ホルモンは生理の周期で変化します。
女性ホルモンは子宮の中に子宮内膜という 受精卵を迎える組織を作り、
つなぎとめています。
女性ホルモンが下がると子宮内膜は、
はがれて落ちていきます。
生理以外のときには、
女性ホルモンが、
高く保たれているのが理想です。
ですが、状態によっては下がることもあります。
何も原因がないこともあります。
もっと言えば、
排卵する時期には、
だれでも少し下がります。
これがよく言われている排卵期出血です。
中間期出血ともいいます。
病気ではありません。
生理がはじまる前にちょっとずつ下がり始めることもあります。
そうなると、ちょこちょこと出血してから、
本格的な出血、生理がきます。
こういうことも、ときどきはありますね。
このようなホルモン機能の変動による出血を、
機能性出血といいます。
機能性出血は一時的なものが多いのですが、
繰り返す人はホルモン機能に問題があるかもしれません。

注意が必要な原因

ポリープ
子宮の出口と中にできるできものです。
なぜできるのか、
どのくらいの割合でみつかるのかは、
よくわかっていません。
ほとんどが良性の腫瘍なのですが、
1000人にひとりくらいの割合でがんが見つかります。
子宮の出口にできるタイプのポリープは 簡単に切除できます。
でも、お金が結構かかるので相談して取るかきめます。
子宮の中にできるタイプのものは、
簡単には取れないのですが、
ほとんどが良性です。
子宮体がんの検査をして異常がなければ、
様子をみることもあります。

子宮筋腫
子宮筋腫は女性によくある疾患です。
40代になれば、
3〜4人にひとりは、
筋腫がみつかります。
できる場所によって、
症状が変わってきます。
子宮の中の生理が起きるところにできると、
生理の量がふえたり、
不正出血の原因になります。

子宮頸がん
子宮の出口にできるがんです。
30代から発症する若い人がなるがんです。
進行すると出血してきます。
定期的に検診を受けましょう。

子宮体がん
50才前後に発症するがんです。
症状として早い段階で出血があるため、
40代でたびたび出血する人は、
子宮体がんの検査を受けましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME