メニュー

妊娠の確認

妊娠の確認

生理が遅れて妊娠が気になる時、
何に注意すべきか簡単にまとめています。

妊娠の確認

妊娠かなと思ったら

妊娠かなと思ったら

妊娠かなと思ったら

生理予定日なのに生理が来なくて、
妊娠かもしれないと思ったら検査をしましょう。
今はドラッグストアで妊娠検査薬を購入できます。
料金はおよそ500円ほどです。
これで陽性になれば、
ほぼ妊娠していると考えていいでしょう。
もし、陰性だったら妊娠していないと考えていいでしょうか? 妊娠していても受精から2週間ほどは
検査で陽性になりません。
ですから、最後の性交渉のあと2週間以上たっていれば、
妊娠していないといえますが、
2週間以内であれば、
もうしばらくしてから検査しなおしましょう。
妊娠検査薬がくっきり線がでずに
うっすらとだけ出るときもあります。
こういう場合は少し様子をみましょう。
1週間ほど後に再検査すると消えることもあります。
ところで薬局で買える市販の検査薬と、
病院の検査薬は、何が違うでしょう?
実は病院の検査薬の方がちょっとだけ精度がいいのです。
その分、病院の検査だと数日ほど早く陽性になります。
でも病院でする妊娠検査薬は結構高い。
病院によって違いますが、
料金は3千円くらいが普通です。
市販の検査薬は500円くらいですから、
まずは、薬局で妊娠検査薬をしましょう。

病院にいく時期

生理予定日から1週間くらいがベストです

病院に行く目的は、異常がないか確認することです。
ところがあまり早く行っても、
まだ子宮に変化がなかったりして、
もう一度病院にいかなくてはならなくなります。
といって遅すぎても問題があります。
遅いと重大な異常を見逃すかもしれません。

ベストな時期は生理が来る予定日から、
およそ1週間から2週間過ぎたあたりです。

もし生理が不規則でよくわからないという人は、
時期にこだわらずに早く病院にいってもかまいません。
早すぎることよりも遅くなることの方が、
いろいろ心配なことがあります。

病院に行く目的

病院に行く目的

病院では問題がないかどうか診察するのですが、
妊娠初期では何が大切なのでしょうか?

子宮外妊娠の診断

妊娠の初期に病院に受診する一番大切な目的は、
子宮外妊娠ではないことを診断することです。
子宮外妊娠を見過ごしたままだと、
大出血して命を落とすこともあるからなのです。
出血する時期はおよそ7〜8週くらいです。
つまり本来の生理予定日から3週間たつまでには、
一度、病院を受診するようにしましょう。
受診が早過ぎることよりも遅れすぎることを心配する理由は、この子宮外妊娠という病気があるからなのです。
もちろん、子宮外妊娠はめったにあるわけではないので、
ほとんどの人は神経質になる必要はないですが、
知っておくことは大切です。

おおまかな週数の確認

超音波により、ある程度の週数がわかります。
週数は今後の対応をする上でとても大事になってきます。
出産するかどうか悩んでいるケースでも、
いつまでも考えているわけにはいきません。
どうするかを決めなくてはいけない
週数の目安があります。
また、出産場所をきめるにも、
あまりに遅いと希望の病院はいっぱいで、
出産予約ができないことだってあります。

その他

それ以外にも予定日を決めるのに大事な時期があったり、
ある週数じゃないと診断できないこともあったりします。

週数による注意点

妊娠初期の時期による注意点をみてみましょう。

生理周期が28日の人は最後の生理が始まった日からの週数が妊娠週数になります。
周期が28日ではない人は、
生理が来る予定の日から何週過ぎているか計算してみましょう。
それに4を足せばおおよその週数になります。

5週
超音波で子宮内に妊娠が確認できます。
これより早い週数だと病院で超音波を行っても、
なにも見えないことが多いです。
7週
胎児の心拍が確認できます。
子宮外妊娠だと出血がはじまる週数です。
ここまでには一度受診しておきましょう。
9〜11週
出産予定日を決める時期です。
生理周期が不規則な人はこの時期を逃すと正確な週数を決めれません。
人気のある分娩施設はこのあたりまでに予約がいっぱいになります。
10週
出産しない場合、手術をこの時期までにしないと
料金が高くなったり、
病院によっては手術ができないこともあります。
12週
中絶手術は12週をこえると、
とても大変になります。
身体的な負担も大きいですし、
法律上提出書類が増え、
料金も30万をこえたりします。
できる病院もかなり限られます。
手術するかどうかを決めるのは、
とてもつらい判断ですが、
この週数をすぎると本当に本当に大変なことは知っておきましょう。

妊娠確認のための料金

保険証を忘れないようにしましょう。
妊娠の診察は、基本的に自費診療で、その料金は病院によって違います。
ただし出血などがあり何かの病気を疑うときは、保険で行うことがあります。

当院では、妊娠を確認するための超音波の診察は5,000円です。
子宮の中に妊娠を確認できるまでは、
1週間以内の診察に限り、追加の料金はかかりません。

妊娠検査薬は1000円です。
初診料などはかかりません。
ただし、何か異常があれば、保険診療で行います。

  当院の料金
妊娠検査薬(自費) 1,000円
超音波による妊娠確認(自費) 5,000円
保険での診察
(超音波や尿検査、初診料こみ)
約3,000円
(3割負担)
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME